hamatra.com - NPO 法人ハマトラ・横浜フットボールネットワーク yokohama hamatra non profit organization

logo_300x113.jpg


NPO 法人ハマトラ・横浜フットボールネットワーク
yokohama hamatra non profit organization

trico_line_h15px.jpg

icon.jpg Activities サポーター活動ブログ

<< ドラゴンボートレース2010出場レポート・ギャル☆マリノス艇編 | main | ドラゴンボートレース2010出場レポート・野毛坂田会デラックス艇編 >>

2010.06.02 Wednesday

ドラゴンボートレース2010出場レポート・ウイマリ配布漢魂艇編

dragon_wemari-1

「あーーーーーー しーーー ずーーー むーーー !!!」

ウイマリチームの1本目は、ゴール後の沈没という「沈事」で幕を開けました。

みんなとにかく必死でした。

「スタートが重要」
「タイミングを前の人と合わせる。一番前はとにかくタイコに合わせる」

そして

「隣の赤には負けられない!」

その結果が「沈」(笑)

漕ぎすぎて、船の中にも随分と水が入ってくるけどお構いなしってぐらい、みんな必死でした。

残念ながら「赤」に追いつけず、悔しさをかみしめつつも、みんなの気が一瞬緩んだのでしょう。その瞬間に、いろんな方向からの波を受けて、あっちゅー間に沈んでしまったのです。
普段、手漕ぎボートすら許されない山下港で海水浴!ほんと、いい経験でした(笑)。お財布をポケットに入れたままだった人、レイバンのサングラスを海中に寄付してしまった人、そして命より大切なダンマクを必死で守ったリーダー。

そんな体験をしながら、みんな顔は晴れ晴れとしてました。

一応、ゴールしてからの事件だったため失格とはなりませんでしたが、タイムは1分38秒台、残念ながら前回大会のタイムを上回ることは出来ませんでした。

気合を再び入れなおして望んだ2本目もほぼ同じタイム、また、赤は抜けず。
リーダーは前回のタイムを超えられなかったことが本当に悔しそうで、メンバーも晴れやかな顔をしながら「じゃあ、来年もう一度リベンジしよう!」という気持ちになっていました。

そして、海水浴をしてずぶ濡れの体を温めに、中華街の銭湯に向かったのでした。

dragon_wemari-2

チャントを歌ってもらって、歌いかえして、応援する・応援されるっていいもんだなと感じました。岸からボートまではそれなりに距離はあるわけですが、きち んと聞こえるもんです。いつも自分たちが選手のために、チームのためにと思って歌っているチャントを、歌ってもらって、応援されている。
こんな幸せなことだとは思っていませんでした。

たぶん、チームメンバーみんなが思っていたことでしょう。

これを糧に、もっとマリノスのために貢献できるよう、つなげられたらと思います。

dragon_wemari-3

Text:すずけい(ID:559)


| hamatra-act | 報告 | 22:57 | ↑TOP